あれから

何事も無かったように接してきた旦那さんに対して、私も気持ちが吹っ切れました。


子供のために。子供にとっては、大好きなお父さんだし、たった一人の父親


あの日から家族の前では、というか、旦那の前では、感情を持たないようにしています。


徳ちゃんとの事もいろいろと考えました。


徳ちゃんは、私の体が欲しいのかな?温もりが欲しいのかな?


しばらく連絡を取りませんでした。


それでも、徳ちゃんは、変わらず、連絡をくれました。


今年もよろしくね。クロちゃんに会いたいよ


優しさが溢れるメールをたくさんもらいました。


抱き合いたい。でも、それは、心と心の繋がりも含まれているんだ


そんな事を感じました。


家族をこわそうとは、思わない。お互いに思っていること。


でも、お互いに求め会う。肌の温もりを求めて


徳ちゃんが好き。


この気持ちには、やっぱり嘘は、つけない。


旦那さんが好き。


この気持ちには、嘘がつける


母親だから


キモチに素直にしたがってみよう


たった一度の人生。


好きな人の側で、たくさんの思い出を作りたい


好きな人と、たくさん語りたい、愛を語り合いたい。


母親である私もあたし


好きな人としあわせな時間を過ごしたいと願う女である私もあたし


徳ちゃんが好きな私が一番好き!