愛しくて、愛しくて

徳ちゃんに伝えたい気持ち。

でも、永遠に伝えられない、伝えたらいけない気持ち


徳ちゃんと出会うきっかけとなったサイトは、出会い系


正直、仕事や家庭の事で、ストレスが溜まり、発散する相手を求めていた。


楽しく話ができる相手


エッチは、正直旦那が物凄くて、嫌気がさしてたくらい。


決してレスじゃなかったから、むしろ精神的な癒しを求めて、恋愛ごっこができる相手を求めた


徳ちゃんと繋がり....


いつの間にか、心も体も徳ちゃんの虜になってしまった


愛しくて、愛しくて


どうして、彼は、私のものじゃないんだろう


そんな想いが、日に日に強くなっていく


心にブレーキかけないと、自滅する


わかっているのに、徳ちゃんとの未来を夢見てしまう。


望んでしまう


奥さんへの物凄いやきもち


見たことも、会ったことも無い相手への怨念


自分が嫌になる。


怖くなる


きっと、今の生活から逃げ出せれば、徳ちゃんの事もこんなに強く思わない気がする


まるで抜け出せない迷路に迷い込んで、ゴールを諦めてる。そんな感じ


徳ちゃんと家族になりたい


この気持ちをどうやって納めよう....


苦しい....